• 出荷精度99.95%以上 | スタンダードテストピース

試験片 テストピースの出荷精度99.95%以上の秘密

出荷精度99.95%以上の実績

出荷作業は、試験片製造と同等なほどの重要な工程です。もし出荷伝票の貼り間違いで誤配を行った場合、2社のお客様にご迷惑をお掛けしてしまいます。

私たちは、可能な限りミスが起こらないように受注書を作成し、工程を決め、ラベル貼り作業や箱詰め作業を行っています。

受注書の作成から梱包までの一連の流れをご覧下さい。

  • 受注書の作成

    受注書から出荷作業は始まる

    試験片 顧客情報をデータベース化し、効率化

    受注書は、弊社内のデータベースに登録したお客様情報に紐付いて、住所や電話番号が紐付けされます。

    万が一、出荷先を間違えてしまった場合、基本データのお客様情報が間違っているので、基本データを修正すれば、それ以降、御発注を頂いた際には修正されたデータが受注書に自動的に反映されます。

    ここで多くのミスが防げますし、再発防止策に大きな役割を果たします。

  • 製造・梱包

    製造の段階から個別に箱で分別し、ラベル貼り付けまで行います。

    試験片 顧客情報をデータベース化し、効率化

    ミスの要因になる、ラベルの貼り間違えを防ぐために、箱で分別します。

    これは製造の段階から行っており、梱包からラベル貼り付けまで、箱に分別したまま作業は進みます。

    受注書と名称を照らし合わせ、梱包、ラベル貼り付けを行います。

  • 出荷

    箱詰め、出荷伝票貼付けまで受注書ベースで進める。

    試験片 顧客情報をデータベース化し、効率化

    商品の入れ違いミスによる誤配を防ぐために、受注書、製品と出荷伝票を一つ一つすり合わせ、梱包作業をしています。

    請求先と出荷先が異なる場合も、受注書に記録された指示によって、判別しております。

最適なテストピース、試験片を製作致します。

お探しの試験片を今すぐお問い合わせフォームでリクエストください。
業界歴19年のノウハウであなたをサポート致します。
未確定な部分があれば、弊社で最も入手しやすい板厚・寸法・仕様などで御見積致します。

試験片の販売実績

スタンダードテストピースでは、国内有数の大手企業研究部門、品質管理部門。
そして公的研究機関、1,300社への取引実績がございます。

試験片の販売実績